フルスタックエンジニアが教える 即戦力Railsエンジニア養成講座

評価:
4.3/5

講師:Kazuya Kojima

Ruby言語の基礎から始め、Ruby on Rails5を使用したWebアプリケーションの開発方法について学びます。Railsの動作環境をDockerで構築する方法についても学びます。
 

¥10,800

※30日間の返金保証

+
レビュー数
+
受講者数
/5.0
評価

講座内容

このコースは、Ruby on Rails5を用いてWebアプリケーションを開発する方法を学べるコースとなっています。

PCへのRubyのインストールや、Rubyの基礎など、これまでRuby言語に触れたことがない方も基礎から学べるようになっています。

Railsの開発環境にはDockerを使い、コンテナを使用してRailsサーバーとMySQLサーバーの起動する方法についても学びます。

Railsだけでなく、こういったRails実行環境の構築も学ぶことで、最終的にアプリケーションを公開するために必要な知識についても学ぶことができます。

なるべく細かく説明を入れて、途中でつまずくことのないようにしています。

もし、わからないことがあれば、気軽に質問頂ければと思います。

カリキュラムの内容は以下のようになっておりますが、引き続きコンテンツの追加を予定しております。

【カリキュラム構成】

セクション1. はじめに

 講師の自己紹介と、コースの目的についてお話します。

セクション2. Rubyの学習環境準備

 PCでRubyを動かすためのインストール方法や、Rubyの実行方法について解説します。

セクション3. Rubyを学ぶ

 Rubyの特徴から始まり、Rubyの基本となるクラスや構文について解説します。

セクション4. 開発環境の構築

 Dockerを用いてRailsの開発環境を構築する方法について解説します。

セクション5. 始めてのRailsアプリケーション開発

 掲示板アプリケーションの開発を題材として、Railsの様々な機能について説明しながら開発方法を解説します。

【更新履歴】

2018/04/14 「アソシエーションのdependentオプション」のレクチャーを追加しました。

2018/04/26 「ユーザー認証の仕組み」のレクチャーを追加しました。

2018/05/23 「ソースコードの変更が即時反映されない場合の対処方法」のレクチャーを追加しました。

2018/05/26「ユーザー認証機能に必要なコントローラ、ビュー、モデルの作成」のレクチャーを追加しました。

2018/05/26「ユーザー認証機能で使用する ルーティングの設定」のレクチャーを追加しました。

2018/06/02「ユーザーモデルの認証機能設定」のレクチャーを追加しました。

2018/06/02「ユーザー登録フォームの作成」のレクチャーを追加しました。

2018/06/03「ユーザー登録機能の実装」のレクチャーを追加しました。

2018/06/06「ログイン、ログアウト機能の実装.」のレクチャーを追加しました。

2018/06/06「ログインユーザーの取得とマイページの作成」のレクチャーを追加しました。

受講対象者

  • Webアプリケーションの作成方法を一から学びたい方
  • フリーランスでRailsエンジニアとして活躍したい方
  • Railsを使ったことがあるけれど、改めて勉強し直したい方
  • Ruby on Rails5について学びたい方
progateを終えてからこの講座を受けてみた。 自分のレベルでは、理解できないところがあった。 ただ、何回か聞いてGoogleで調べてみたりすると多少は理解できるようになった。 もう少し勉強してからもう一度受けてみようと思った。 自分が今どの段階にいるのかが認識できたのでとても良かった。 講師の方もすぐに質問に答えてくださってわからないことで立ち止まる時間が短くすんで助かりました。
初学者中の初学者にはついていくのが精一杯でしたが、講座を終え成長を感じられました。
初心者でも簡単にdockerで開発環境を構築できた。railsは簡単に書けるようになっているため、今までなぜそういう表現になるかがわからなかったところがあったが丁寧な解説により納得する部分が多々あった。実務で必要になるであろうテストコードの書き方は他の教材ではあまり見ないため、ためになった。