【画像判定AIアプリ開発・パート1】TensorFlow・Python・Flaskで作る画像判定AIアプリ開発入門

評価:
4.3/5

講師:井上 博樹 (Hiroki Inoue)

Python 3 でクローリングして画像データを収集、加工し、画像分類器を作ってみよう。ディープラーニングによるモデル作成、改善を自分の集めたデータで実践します。Flaskでウェブアプリ化, XcodeでiOSアプリ化にも挑戦します。
 

¥9,600

※30日間の返金保証

+
レビュー数
+
受講者数
/5.0
評価

講座内容

*更新情報

2019/1/19 iOSアプリ化セクションのソースコードをセクションの最後に追加しました。

2019/1/7 CoreML対応フォーマットに変換し、iOSアプリ化するセクションを完成しました。

*ただし、実機での実行・アプリ配布にはMacとApple Developerプログラム登録が必要です。

2018/3/22 Flaskでウェブアプリ化するセクションを追加しました。

2018/2/10 コマンドラインから画像ファイルを指定して推定を行うプログラムを作成するセクションを追加しました。

2017年1月にリリースしたTensorFlow入門・ニューラルネットワーク入門コースでは、およそ8,000名の受講生のみなさんが典型的な手書き文字認識問題を体験しました。

そして多くの受講生のみなさんから「AI分類器を自作して、ビジネスや趣味に活かしたい!」というリクエストを多数いただきました。

そうしたリクエストに応えるために、このコースは制作されました。

【コースの概要】

コース内では、

  1. Pythonでオンラインでクローリングを行い、画像データを収集する

  2. 収集したデータを同じサイズに加工して深層学習の前処理(準備)をする

  3. 前処理をしたデータを用いて、ディープラーニングを実行し、モデルを作成する

  4. モデルを使って、テストデータにより性能評価を行う

  5. より精度を向上させるためのデータの改善を行う

  6. 画像ファイルを与えて推定を行うプログラム(ウェブアプリ・iOSアプリ)を作成する

というチャレンジをしていきます。

また、このために必要なAnaconda, Python 3, TensorFlow, Keras, 画像処理ライブラリ, スクレイピング・クローリングライブラリなどの導入や設定についても詳細に解説します。

あなたが集めたデータを整理してプログラムを実行するとオリジナルの画像分類AIを作れるようになります。

この講座を受講したら、あなたはどんなAI分類器を作りますか?

受講対象者

  • AIや機械学習を実践してみたい方
  • オリジナルデータで画像分類器を開発したい方
  • TensorFlowとKerasでディープラーニングを実装してみたい方
  • 画像判定AIをFlaskでウェブアプリ化したい方
非エンジニアでpythonはprogateやPyQで少し勉強しただけです。 コードの説明を丁寧に説明してくれているので分かりやすいです。 途中エラーが発生した時もQ&Aで既に解決策が示されていますし、質問したら回答もいただけて、ついていけています。 実行してエラーが出ても自分でエラーを紐解けたりもできてきて、これまでの勉強法とは違う成長を感じています。
非常に丁寧な解説と手厚いサポートにより,非エンジニアの私でも本講座を最後まで挫折することなく学習することができました。 本講座がUdemyで受講する初めてのコースとなりますが, これをきっかけに色んなコースにチャレンジしていきたいと思います。
ヴァージョン違いや各自の環境により、詰まる所もありますが、Q&Aが充実しているのと、そこからヒントを得て、自分でエラーを探して進めることが出来たため、非常に学びが多かった。 モデルを作る学習カリキュラムは沢山あるが、FlaskでのWeb開発、iOSアプリ開発まで実施ているカリキュラムは恐らくそこまで多く無いため、一連の流れを学べたのが非常に有意義。 復習も兼ねて、自分で題材を決めて最初からもう一度進めていきたい。