【ゼロから始めるデータ分析】 ビジネスケースで学ぶPythonデータサイエンス入門

評価:
4.4/5

講師:株式会社SIGNATE (旧株式会社オプトワークス), Tomoki Takada(高田朋貴)

分析コンペティションに参加しながら回帰分析による売上予測、機械学習での顧客ターゲティングなど実践的なビジネス課題でデータ分析の一連の流れを身に着けよう。 プログラミング初心者にもおすすめ。
 

¥19,800

※30日間の返金保証

+
レビュー数
+
受講者数
/5.0
評価

講座内容

【概要】
本講座では、データサイエンスをこれから勉強したい方や興味はあるが何をどうやって勉強すれば良いかわからない方、及びプログラミング初心者を対象としています。データサイエンスの一連の流れを体験できるカリキュラムとなっており、学ぶべきことのヒントを散りばめ、よりステップアップしていく為の足掛かりとなるような設計を心がけました。

【本講座のこだわり】

  • 実践を重視し、リアルなデータと課題を教材として採用しています
  • 言葉や概念を学習するスライドの章とプログラミングしながら実践する章の2つを用意しています
  • 一問一答形式の教材を用意。問題を解き進めることでプログラミングが徐々に身につき、データサイエンスの流れが体験できるようになっています
  • 分析コンペティションも教材として採用し、楽しみながら学習が進められます
  • 講座終了後に使用した教材が自身の教科書となるようになっており、もう一度ご自身の力で教材の問題を解き直すことで復習にも利用できます
  • 発展的な内容は極力除外し、なるべく平易な表現や例を使い、イメージで理解できるように工夫しました

【その他】

  • python3を採用し、プログラミング環境はjupyter notebookを利用
  • 11個のjupyter notebookファイルをオリジナル教材として用意

【講師より】
本講座でご紹介するのはデータサイエンスの中でもごく一部ですが、概要がわかり、ちょっと手が動かせるようになると、ご自身でどんどん学習を進められるようになります。より多くの方がデータサイエンスに興味を持っていただき、ご活躍頂ける為に、本講座が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

受講対象者

  • データサイエンスの基礎を身につけて、仕事に活かしたいビジネスマン
  • データサイエンスの基礎を身につけて、研究や就職活動に活かしたい大学生
  • プログラミング未経験者でも安心して始められます。
pythonコードに対する知識がほぼない状態で受講しましたが、わかりやすくステップを踏んで解説して頂くことで無理なく学習することができました。 データサイエンスによって何ができるのか?ビジネスサイド、データサイエンティストサイドで何を考えなければならないかを具体例で理解することにつながったため、ビジネスサイドの方にとっても非常に価値のある講座であると感じました。
資料が穴埋め形式になっており、進めやすい。また後からも復習しやすく、非常に使いやすいと思う。 pythonのコードについては説明を省略している部分が少なからずあるが、それはより細かく説明している講座もあるので、そちらで別途学べば良いと思う。 これを足掛かりに、データサイエンスを学んでいこうと思った。
初心者でも順を追って進めていくことで十分に理解することができました。ライブラリのバージョンが上がっていく事で教材と異なる結果が表示されますが、きちんとフォローされているので、落ち着いてヘルプ内容を確認すれば問題ありませんでした。 この講義の修了後に更に学んでいく上で、データ分析で大切なポイントを講義の途中で触れてくれている点が特に良かったと思います。